やおき畑たより 9月

雑草との戦いの夏が、まだまだ続いています。
晴れの続く毎日に雨なんて振ろうものなら、もうすくすくと伸びる雑草。お隣のおばちゃんが「もう、あたしゃ草取りババだよ」なんて笑いながら言ってたけど、正にそのとおりです。

7月に植えたシシトウはすくすくと育ち、適宜に実をつけています。やおきのゲストの食卓にも、並んでいます。ナスもボチボチ実をつけ、ナス焼きで頂いています。ガスオーブンで焼くナス、美味です。
植え直したプチトマトは、まだ実が熟すところまで行ってません。青いままだったり、虫に穴を開けられたり。ズッキーニもまだ実がならない…と調べたら、人工授精しなくちゃいけなかったようです。あらら…。(しょぼん)
農業は野菜たちを見てるだけではなく、お天気を読んだり、追肥を施したり、親身になって面倒をみなくてはなりません。やはり片手間でできるものではないなと痛感しています。

野菜づくりの講習会でゲットしたミニカボチャの種。8月、暑いけど頑張って撒くと、ハロウィンの頃にちょうど収穫できますよと教えてもらったので、8月中旬に撒きました。直撒きするつもりだったけど、やはり暑さに負けてポット撒き。(笑) ポットの苗を、今日畑に植え付けました。

あ、上の画像の間引き人参の上に写っているのは、サツマイモ。「上手に植えられたねぇ」と褒めていただきました。サツマイモは、葉を、茎を伸ばして成長しています。収穫は10月ころ。
そして困っていることは、肥料を買ってこなくてはならないのだけど、一袋20kgとか超重いこと。小袋もありますが、量が必要。でも、重い、持てない。困ったもんです。(涙)

創業交流会 at やおき

令和元年第一回川根本町創業交流会が川根ライダーハウスやおきで開催されました。川根本町で事業を営んでいる方、川根本町での創業を考えている、または興味がある方が集い、創業のミニセミナーと交流会が行われました。

やおきもここ、川根本町で創業するに当たり川根本町商工会に相談に行き、川根本町の起業及び事業継続チャレンジ補助金を受け、今年3月、無事開業にこぎ着けました。また女将が2月に「第6回シダビジネスグランプリ最終審査会」にチャレンジする際には、役場、商工会から応援に駆けつけていただき、とても心強く「川根本町代表」としてプレゼンに臨むことができました。
とにかく、役場や商工会が身近にある。こうしたい、ああしたいを直に受け止めてもらえる。大都市では考えられないことだと思います。

今回の交流会には、町外、県外からの参加者もありました。川根本町の温かさを感じて、川根本町の良さを発信していく仲間になっていただけたら、嬉しいです。
参加者からも大変好評で、継続的に開催されるのではないでしょうか。(1回限りでは、ほんと、もったいないです。)

やおき的には、交流会で同業者の一棟貸の宿 熊のやさん、絶賛開業準備中のゆる宿 Voketto (ぼけっと)さんと、意気投合。大井川沿線、川根に惚れ込んだという共通点を生かした発信をしたい!! と熱く語り合いました。