いかわね新聞掲載

井川と川根をつなぐ いかわね新聞 No.13 に、やおき宿主・女将ペアを載せていただきました。
この「いかわね新聞」は、2014年にユネスコエコパークに登録された静岡市井川と川根本町の魅力を伝える地域でつくる新聞で、年間3回(7月11月3月)発行されています。わたしたちも、川根本町内の道の駅などで見かけていました。
わたしたちが載せていただいた「いかわねの人々」は、「いかわね」地域で活躍する方をクローズアップし紹介する記事コーナー。「活躍する」と言われて、とても面映いのですが…。
取材時には、あれこれ取り留めもなく話したことをとても上手にまとめていただき、バイクと一緒の写真を撮っていただき、ホントにありがたい限りです。

記事は↓の通りです。

イベントのご案内

古民家で日本酒を愉しむ会

酒キリンヤとやおきのコラボイベント開催!!
昔懐かしい趣たっぷり築150年の古民家で、美味しい地酒を愉しみましょう。
SAKE キリンヤ自慢の純米酒藤枝小町をはじめ、選りすぐりのお酒をご用意。みなさまの参加をお待ちしております。

  • 日時 2020年 2月 29日 (土) 〜 3月 1日 (1泊2日)
    チェックイン 16:00〜 チェックアウト 10:00
    日本酒を愉しむ会開始時間 18:00〜
  • 場所 川根ライダーハウス やおき (榛原郡川根本町東藤川 284)
  • 参加料金 お一人様 10,000 円(税込)
    (宿泊料・暖房費・朝晩シェアご飯会参加費・日本酒を愉しむ会参加費を含む)
  • 定員 9名(先着順)
    • 宿泊は、男女別の相部屋になります。
    • 食事は共同調理となります。
    • 寝具一式ご用意します。寝間着類、歯ブラシ等はご持参ください。
    • やおきでのお風呂の提供はありません。個々で近隣の入浴施設等をご利用ください。
    • ライダー、自動二輪免許の有無を問いません。参加者のみなさんと楽しくお酒が飲める方なら、どなたでもご参加いただけます。
    • お酒やアテなど、持ち込み大歓迎です。
    • 会終了後にご希望によりお分けする飲み物(アルコール類)は、別途料金となります。
    • 飲酒イベントですので、未成年者の参加は不可といたします。
    • 共催:SAKE キリンヤ
      藤枝市大州1-9-13 ☎︎054-635-8210 担当 鈴木美紀

こちらのイベントは、ご予約満席となりました。ありがとうございます。

ご案内 2020年2月22〜24日

非公認 Serow’s Night だからセローが好き

やおきのゲストさん、単車種ではセロー乗りが一番多いという事実!! に基づき、セローに乗っている、セローが好き、セローが気になる…方々に集まっていただき、その想いを語り合う場を提供いたします。

  • 日時 2020年 2月 22日(土) 23日(日) 24日(月・祝)
  • 場所 川根ライダーハウスやおき
  • 参加費 通常の宿泊費・暖房費 (4,400円・連泊の2泊目、リピーター 4200円:暖房費300円) シェアご飯会参加費 (夕食 1,000円 朝食 500円)
    飲み物、食べ物、持ち込み大歓迎!!
  • 定員 各日 8人 (参加の男女人数により、男女定員が変動します)

参加条件
・セローが好き…
・セローに乗っている…
・セローに乗りたい…
・セローに乗っていた…
・セローが気になる… あなた

セロー225の排気量に因み、2月23日中心に2日間開催いたします。
22日のみ、23日のみ、2日とも参加、いずれもOKです。(いずれも宿泊イベントです。)
寒い時期ですので、交通手段は問いません。鉄道利用の場合は、最寄り駅(千頭駅・川根小山駅)まで送迎いたします。
雨天決行(笑)

Facebookページ 川根ライダーハウスやおきのイベントページで受付をしております。
Facebookをやっていない方は、HPの問い合わせからお問い合わせください。

Max Fritz のススメ

下半身のプロテクターの必要性を感じる事件があり、春に起こしくださったかっこいい女子ライダーくらち様のパンツがかっこよかったので入手先を聞いたところ、Max Fritzとのこと。

Max Fritzというと、女子ライダーの間では「細い」「入らない」「高い」と言われていますが、どうしても欲しいプロテクター付パンツ。思い切って(笑) Max Fritz NUMAZU へ。そこは、おしゃれなブチック風のお店でした。
しかーし!! 初来店にも関わらず上記の女子ライダー間のご意見を代表として(?)率直に告げる女将に、笑顔の店長。細身なのは諸説ありましたが、Max Fritz の社長が奥様に着せたいウエアとして作り始めた、その奥様がスリムな方だったというのが正論。年代を追って、サイズや股上は改良されているとのこと。そして沼津店には、アウトレットがあるとのこと。これで、「細い」「入らない」「高い」は解決。
「試着は必須」とも聞いていましたが、店長自ら「まずはとにかく、着てみてください」と試着を勧めてくれました。

結果、膝にプロテクターを入れるポケットがついたデニム地パンツ(アウトレット・笑)を購入。
このパンツ、とにかく履き心地がよいのです。ピッタリフィット、でも窮屈ではない。見た目オシャレで、全然ライダー感がないのも気に入ってます。「え!! バイクに乗ってきたの??!!」と言われるのが、女将のライダーウエアコンセプトなので。

そして、お気に入りパンツでバイクに乗っていた昨今、突然「Max Fritz 沼津店、12月15日で閉店」というニュースが飛び込んで来ました。ようやく楽しくオシャレなバイクウエアショップに出会ったというのに。とにかく閉店前にもう一度行かなくちゃということで、12月9日(月)宿主さんバイクのタンデムで行ってきました。またまた試着しまくり、モスグリーンのパンツ(やっぱりアウトレット・笑)を購入。だって東京まで買いに行くとなると、交通費も時間も掛かってしまう、買うなら今!でしょ。

Max Fritz NUMAZU、12月15日(日)までの営業です。
明日12日(水)は定休日です。
気になるお方は、急げ!!

わたし流のビジネスチャンスの掴み方 part 4

藤枝市創業支援室とEG支援センターエフドア発行の「わたし流のビジネスチャンスの掴み方 part 4」に川根ライダーハウスやおきの起業について載せていただきました。
藤枝市の起業講座を受講してこの冊子のpart 1からpart 3までは読んでいました。すごいなぁとまるで他人事で感心していたので、まさか自分がこんなふうに掲載されることになるとは、夢にも思いませんでした。
「ライダーハウスをやりたい」…そんな思いに、「そんな思いつき、上手くいくわけがない」と言われたことに奮起して、藤枝市の女性ビジネスカレッジを受講。ビジネスの勉強をして、勢いで(笑)志太ビジネスプラングランプリにチャレンジした昨年。昨年の今ごろは、プラン作成に必死でした。「ビジネスプラン?」という身だったので、エフドアでプランの作成、磨きを一緒にしてもらいました。とてもありがたかったです。

記事にもありますが、「楽しかった!!」「また来ます!!」と笑顔の出発を見送るたびに、ライダーハウスを始めて良かったと心から思います。
これからも、川根ライダーハウスをどうぞよろしくお願いいたします。