夏の想い出 その1

やおき、初めての夏でした。
エアコンのない古民家、お盆休暇には10日間連続営業を宣言し、どうなることかと思いましたが、無事8月の営業を終えることができました。ありがとうございます。心から、感謝申し上げます。

築150年の古民家。ぐるっと廊下に囲まれたレイアウトだし、まず電気契約が30Aで容量的にエアコンは無理。扇風機のみで過ごす夏。そして、標高360mと微妙な高度…。確かに、昼間は暑かったです。(笑) でも、日が傾いてくるとすうっと暑さが引く。日が暮れると、時には扇風機の風が寒いくらい。ヒートアイランド現象がないと、夜はこんなに快適に過ごせるんだ…。田んぼに囲まれた家で育った、子供の頃を思い出しました。

お盆休暇の最初は、茨城県古河市からの6名様。貸し切りでご利用いただきました。大型バイク6台での登場は圧巻!!でしたが、飲んで食べて話して笑って…の表情は、まるで少年のよう!! バイク、そしてツーリングは、ワクワクとドキドキを運んできてくれるんだな〜。♡

そして、4月5月にご利用いただいたライダーさんが、続々と(笑)リピーターとしてお越しくださいました。春の川根路に続いて夏の川根路も楽しでいただき、嬉しく思います。またリピーターさんが仲間を誘って来てくださったことも、嬉しく思います。(広がれ、やおきの輪!! )

先月鈴鹿8耐観戦の際ランチで同席になった紳士にやおきの紹介(営業ともいう!?)をしたところ、早速ご予約をいただきカブ2台でお越しいただきました。これも大変嬉しく、有り難く思っております。(もっと広がれ、やおきの輪!! )

8月14日、15日は台風による雨が続き、宿主・女将は中休みをいただきました。これも、結構有り難かったです。(笑) 下見を兼ねて、寸又峡の町営露天風呂に行ってきました。風情のある岩風呂にぬるぬるのお湯、(自称)美男美女になって帰ってきました。

(夏の想い出 その2に続く予定)

プチツー・畑薙第一ダム

汗を垂らして(笑)里芋のマルチに使う草を刈っていると、ボボボボボ…とシングルエンジンの音。「梅雨の最中のせっかくの晴れ。出掛けないともったいないから、畑薙第一ダム(とできたらその先の対岸)までプチツーに」というSさん@セロー225が立ち寄ってくれました。

昨日は台風だった、ということは今日は「台風一過の快晴」、晴れるってこと。だったら野良仕事は昼までにして、午後はスーパー林道にでも…と (バイク乗りは考えることが一緒?) 思っていたので、急遽目的地を変更してご一緒させていただくことにしました。

やおき – 県道77 – 県道388 – 奥大井湖上駅 – 県道60 – 井川大橋 – 林道小河内川線 (一部ダート) – 井川雨畑線入口 – 県道60 – 白樺荘 – 畑薙第一ダム・コーヒータイム – 県道60 – エネオスGS(ガソリン代高くてびっくり!! カードも使えない!!) – 県道388 – 県道77 – やおき (距離 計測せず)

午後4時までにやおきに戻らなくてはならなくて、「その先の対岸」はタイムアウトになってしまいました。そして、途中カモシカに遭遇しても「前とバックミラーに集中」で気が付かなかったというSさん、ごめんなさい。またリベンジしてくださいね。

ようこそ、やおきへ!!

梅雨空の下、「 南知多ゲストハウス ほどほど」の宿主こっすーさん、女将の菜々さんペアにお越しいただきました。
「ほどほど」は、女将のわたしが「やおきもこんなムードのお宿にしたい!!」と思う大好きなゲストハウス。「ほどほど」のゲストさんもやおきにお越しいただいています。お宿同士の繋がりも嬉しいです。

ほどほどには、裏庭に屋根付きの駐輪場があります。楽しいイベントもたくさん催されています。言葉では表現しきれない「ほどほど空間」を、是非体験しに行ってみてください。「あー、これかぁー!!」と、わかっていただけるはず。

南知多ゲストハウス ほどほど https://hodohodo.jimdo.com

やおき、again!!

GW10連休前半にお越しくださった橋口さま、「のんびりしたい」と再びお越しいただきました。
前回は Baja でしたが、今回は、KTM 1290 Super Duke R で。
女将、KTM乗りですから、そりゃもうウキウキ〜 (笑) 。2台並べて、即!!「KTM 川根」です。

金曜、土曜と二泊していただきましたが、両日とも気持ちの良い快晴。日暮れ時からガレージ前で飲み始めたら宿主と話が止まらず、夕飯も「このままここでいただきましょうか…」と、テーブル代わりの茶箱を並べて、星空の下でのシェアご飯会となりました。
川根本町は「澄んだ星空 第二位」(環境省全国星空継続観測)に選ばれた土地です。やおきのある大沢地区は幸いなことに(?)街灯もなく、夜になると真っ暗。こぼれんばかりの星々を見ることができます。この二夜ともに、満天の星空を楽しむことができました。外で飲み始めてくださった橋口さま、「星空シェアご飯会」の提案、ありがとうございました。

大井川で逢いましょう・星空スタンプラリー

それは4月、GW10連休前のある日。
「こちらで『猫自慢』の作品を見ることができますか」と、男性が訪ねてきました。
『猫自慢』とは、女将が主催しているハンドメイドグッズの屋号です。一昨年から年2度のマルシェ出店とネットショップで活動をしています。やおきをオープンするにあたり、ひと部屋を『猫自慢』のアトリエとして利用することにし、準備が整ったところでした。
まず『猫自慢』ですから猫好きの話(2にゃんこと同居)から始まり、古民家が好き、川根が好き、バイクに乗っている、実はカメラマン…とどんどん話が広がり、そして土地や人とも繋がり、なんとも不思議な気持ちなりました。

その方が、えがおのフォトグラフ 木村八澄写真事務所 きむらやすみさん。
きむらさんは風景から人物まで様々なものを撮っていらっしゃるのですが、「大井川で逢いましょう」の奥大井湖上駅の星空の写真は、圧巻です。心が震えるくらい素晴らしいです。
きむらさんのご紹介で、やおきにも「大井川で逢いましょう」、「星空スタンプラリー」が置いてありますので、ぜひお手にとってご覧ください。そして、大井川沿線をたっぷり楽しんでください。お手伝い、しますよ。